Corsairの電源ユニットRM550xがかなり静か

RM550x

あれ、この電源のファン、音がしない...?(めっちゃ静かです)

RM550xの内容

RM550xの箱

最初の箱を開けると次は頑丈な箱

RM550x中身

内容は

  • 何か国語もの説明書(結構分厚いです)
  • ガイド
  •  乾燥剤のようなもの
  • 結束バンド
  • CORSAIRのシール
  • 電源と電源の袋
  • AC電源コード
  • ATX 24ピン電源モジュラーケーブル
  • EPS/ATX12V 8ピン電源モジュラーケーブル
  • PCIe 8ピン電源モジュラーケーブル
  • SATA電源×2
  • ペリフェラル電源モジュラーケーブル
  • ペリフェラル電源→FDD電源変換ケーブル 

電源とケーブルに袋がついてくるのがすごいです、しかもちょっとふわふわしてます。

公式HP

 

公式の方がはるかに見やすいです笑

RM550xを選んだわけ

  • 80PLUS GOLD認証
  • 全てのコンデンサは日本メーカー製105℃コンデンサ
  • Zero RPM Fan Mode
  • 長期7年間保証
  • わりと新しい

この5つです。

80PLUS 認証電源 種類

80PLUS

80PLUS

80PLUS BRONZE

80PLUS

BRONZE

80PLUS SILVER

80PLUS

SILVER

80PLUS GOLD

80PLUS

GOLD

80PLUS PLATINUM

80PLUS PLATINUM

80PLUS TITANIUM

80PLUS

TITANIUM


矢印

矢印の先にいくにつれ電源の性能(効率)がよくなっていきます

(スマートフォンで見てくださってる方は画像がよく分からないことになってると思います。上から下にかけて性能がよくなっていってます。)

今回購入したのは真ん中のGOLDです。

 

普通のユーザーさんはBRONZEからGOLDの製品を使ってる方が一番多いと思います。

秋葉原の電気屋の店員さんの人もそう言ってました。

私的にはGOLDは価格と性能のバランスがちょうどいいと思いました。

全てのコンデンサは日本メーカー製105℃コンデンサ

コンデンサは詳しくわかりませんがとりあえず日本製ということで安心できますね。

 

105℃コンデンサなので85℃よりも耐久性があるらしいです。

Zero RPM Fan Mode

Zero RPM Fan Modeはこの製品で私が一番すごいと思った機能です。

 

なんと、ある程度負荷がかかるまでファンが回らないのです。

普通にネット(YouTube)をしてるくらいじゃ一切ファンは回りません。

なので音が全くしません。

 

静かなパソコンを作りたい方に超がつくほどおすすめです。

 

長期7年間保証

これもかなり大きな決め手です。7年間も保証してくれるなんてすごすぎます。

よほどのことがないと壊れないいんでしょうねこの電源は。

実は良いところはまだあってこの電源は上下どちらにして入れてもいいように設計されています。性能だけじゃなく見た目のことも考えられています!

RM550x 見た目
RM550x 見た目

同じ写真に見えるかもしれませんがよく見ると違います。上下どちらにしておいてもRM550xという字がさかさまにならないようになっています。クリアパネルのをお使いの方にはうれしい気づかいですね。

結局電源はどうやって決めればいいの?

これは正直私も悩みました。価格?W数?80PLUS?

もう訳が分かりません。

 

もちろん何がしたいのかによって何を選ぶか決まります。

 

じゃー結局どうすれば.....

あれ、他の人の構成を見てみればいいのでは。真似すればいいじゃん。

ということで友人やネットに載っている例を下に書いてみました。

構成例

これは私の

CPU:Core i7 6700K

マザーボード:Z170 PRO GAMING

メモリ:8GB×2

HDD:2TB

電源:550W

5インチドライブ:Blu-rayドライブ

グラボ:お金がたまったら買います

400W~

構成例1

CPU:Core i5 4570

マザーボード:H87-PRO

メモリ:8GB×2

SSD:480GB

電源:500W(400Wの方もいました)

5インチドライブ:DVD

構成例2

CPU: Core i7 3770K 

マザーボード:P8Z77-I DELUXE

メモリ:8GB×2

SSD:240GB

電源:550W

グラボ:GTX670 2GB

5インチドライブBlu-ray


600W~

構成例3

CPU:Core i5 2300

マザーボード:B85M-E

メモリ:8GB×2枚

SSD:128GB

HDD:2T

電源:650W

5インチドライブ:Blu-ray

構成例4

CPU:Core i5 4460

マザーボード:H97-PRO

メモリ:4GB×2枚

SSD:250GB

HDD:1T

電源:650W

グラボ:GTX960-2G

5インチドライブ:Blu-ray


700W~

構成例5

CPU:Core i7 4790k

マザーボード:Z97X Killer

メモリ:8G×2

HDD:1TB

SSD:256GB

電源:700W

グラボ:GTX980Ti 4GB

5インチドライブ:Blu-ray

構成例6

CPU:Core i 7 3770

マザーボード:Z77 Extream6

メモリ:8G×2

HDD:500GB

SSD:240GB

電源:700W

グラボ:GTX970 GAMING 4G

5インチドライブ:Blu-ray


結構大きい電源を使ってる人もいますね

でも実は電力はそこまで気にしなくてもいいらしいです笑

 

ここまでいろいろ考えてきましたが実は「MSI GTX 980TI GAMING 6G」を使うのに(OCしない場合)電源の大きさは550Wでも可能なのです!

 

これを実際に試した方がいます↓

http://jisaku-game.com/archives/1644

ぜひごらんください

結局のところ簡単にまとめると

高スペックのグラフィックボードを使うレベルのゲームをする方は人は700Wほどあると安心

 

オーバークロッカーは1000Wかな...?

 

Youtube見たりネット検索するくらいならば500W以下で十分です


公式サイトはこちら↓




Corsair RM750x 80PLUS GOLD認証取得 750W

 

CORSAIR

Amazonはこちら↓



最後まで読んでくださいありがとうこざいました。

電源ユニットを選ぶ際の参考にしていただけたらうれしいです♪

 

他にも記事を書いていますので見ていってくれると嬉しいです♪

コメントを書く場合、自分のホームページのURLを張ってもらう場所があるのですがそこは、自分のWEBページのURLやTwitterのURLを記入してくださってもかまいませんし空欄のままでも大丈夫です!

名前はペンネームでもなんでも大丈夫です♪

コメント欄